• 看護部長メッセージ
  • 東京大学医科学研究所附属病院について
  • 看護部の理念・方針

看護部長メッセージ

当ホームページを訪れた皆様へ

 当院は探索的臨床研究を実施する病院であり、ミッションとして先進的医療の開発を行っています。受診されている患者さんには様々な方がいらっしゃいますが、中には治療やその効果を見通すことが難しい方もいらっしゃいます。
 しかし、私たち看護師が日々心がけていることは、特別なことではありません。それは、

     
  •  ・一人ひとりの患者さんの尊厳、権利を守り、あたたかく、誠実に向き合うこと
  •  
  •  ・確実な知識、技術を持ち、正確な判断、アセスメントを行い、質の高い看護ケアを提供すること
  •  
  •  ・患者さんの生活の場を考え、より良い生活を過ごせるように環境を整えること
 これらはすべて、どのような場面であっても、患者さんの生きる力を整え、引き出すことにつながります。

 私たちはよりよい医療、看護を提供できるよう、人員を充実させ、医療や看護の質を多面的に評価・改善する仕組みを整えています。また、私たちは一人ひとりの看護師が力量を発揮し、誇りを持って働けるよう、中規模病院の良さを活かして、
 

  •  ・新採用看護師には、個人の状況に応じたステップアップを目指して看護部全体で育成する
  •  
  •  ・看護部内WGへの参加、外部研修への派遣、組織横断的な役割や看護専門外来の担当等の様々な
    機会を、キャリアの早期から積極的に提供する
  •  
  •  ・育児・介護、大学院進学、海外協力活動などを支援する制度も整備する
など、充実した教育体制、キャリアアップの仕組みを整えています。

私たちは看護や看護師のレベルアップに励み、目の前の、そして将来の患者さんのQoL向上に貢献していきたいと考えています。当院看護部ホームページでは、そんな私たちの取り組みを幾つか紹介していますので、ぜひご覧ください。

看護部長 小林康司