東京大学医科学研究所附属病院
文字サイズ 文字サイズ【小】 文字サイズ【大】
HOME サイトマップ お問い合わせ   English 中文
HOME > 病院の紹介・沿革 > 院長ご挨拶
外来を受診される方へ
入院される方へ
健康診断を受診される方へ
お見舞いの方へ
病院の紹介・沿革
病院長ご挨拶
医療方針・理念
病院の概要
病院の沿革
病院広報誌
交通のご案内
臨床試験について
先端治療の情報
ご相談窓口
よくあるご質問
看護部について
募集について
医療機関のみなさまへ
個人情報の取扱いについて
リンク
病院の紹介・沿革
病院長あいさつ

    病院長 : 小澤敬也

 

病院長  小澤敬也

 

 東京大学医科学研究所附属病院(IMSUT Hospital)は、我が国では唯一の国立大学付置研究所附属病院で、大変ユニークな存在となっています。一般に、大学医学部附属病院は、全ての診療科を擁し、総合病院として運営されていますが、東大医科研病院は小規模のプロジェクト病院として活動しています。したがって、全ての診療科を備えているわけではなく、それぞれの時代の要請に応じたテーマに取り組み、新しい医療の開発を目指した臨床研究や臨床試験に力を入れています。また、最先端の医療を提供するために、各領域のプロジェクト診療を行っています。現在の東大医科研病院には、血液腫瘍内科、感染免疫内科、アレルギー免疫科、先端診療部、外科、脳腫瘍外科、関節外科、緩和医療科、小児細胞移植科があり、また、放射線科、麻酔科、ゲノム診療部、抗体・ワクチンセンターなども活動しています。様々な難治性疾患の克服を目指し、先端医療を推進することがミッションとなっています。東大医科研病院の理念としては、1)あたたかい全人的医療を実践する、2)倫理性・科学性・安全性に基づいた、革新的治療法を開発する、3)透明性を保ちつつ、患者の権利を最大限に尊重する、といったことを挙げています。
 東大医科研は、1892年に北里柴三郎博士によって伝染病研究所として創設され、当初は感染症の克服が主要なテーマでしたが、1967年に感染症・がんなどの難治性疾患の解明と克服をテーマに改組されたという長い歴史を持っています。附属病院は研究所創設時より設置され、それぞれの時代に必要なプロジェクトに精力的に取り組んできています。病院スタッフ一同が力を合わせ、先人に負けないように、医療の発展に大きく貢献していきたいと考えています。

ページトップへ
外来を受診される方へ
診療受付について
診療科のご案内
専門外来のご案内
初診(はじめて)の方
再診の方
検査予約の方
保険証・紹介状について
検査について
入院される方へ
入院時のご案内
入院生活について
病室について
入院費用について
健康診断を受診される方へ
一般健康診断
中国渡航者向け健康診断


お見舞いの方へ
平日(13時〜17時)のお見舞い
夜間(17時〜20時)/
休日のお見舞い

病院の紹介・沿革
院長ご挨拶
医療方針・理念
病院の概要
病院の沿革
病院広報誌
交通のご案内
電車 白金台
バス 目黒から
バス 広尾から
バス 品川から
お車
MAP
院内マップ
構内の案内図
臨床試験について

先端医療の情報

ご相談窓口

よくあるご質問

看護部について
募集について
看護師募集
後期研修医募集


医療機関のみなさまへ