東京大学医科学研究所附属病院
文字サイズ 文字サイズ【小】 文字サイズ【大】
HOME サイトマップ お問い合わせ   English 中文
HOME > 外来を受診される方へ > 診療科のご案内|血液腫瘍内科
外来を受診される方へ
診療受付時間
診療科のご案内
専門外来のご案内
初診(はじめて)の方
再診の方
検査予約の方
保険証・紹介状について
検査について
入院される方へ
健康診断を受診される方へ
お見舞いの方へ
病院の紹介・沿革
交通のご案内
臨床試験について
先端治療の情報
ご相談窓口
よくあるご質問
看護部について
募集について
医療機関のみなさまへ
個人情報の取扱いについて
リンク
外来を受診される方へ
診療科のご案内
血液腫瘍内科
診療分野 対象疾患 専門・特殊診療、得意分野 外来担当表
スタッフ紹介 当科の診療実績 リンク  
当院は日本血液学会研修施設として認定を受けており、血液腫瘍内科常勤スタッフの多くは血液専門医の資格を有しています。
また、わが国の造血幹細胞移植医療の中核機関のひとつとして同種移植の経験が豊富であり、特に成人臍帯血移植においては実施症例数、成績とも世界のトップクラスの実績を有しています。
当科では助教以上の常勤スタッフと医員または後期研修医からなる診療チームが入院患者の診療にあたり、助教以上の常勤スタッフが平日午前・午後の外来診療に対応しています。
近年、各種血液疾患に対する治療の選択肢が以前と比べて格段に多様化しているため、私たちは患者さんやご家族と密接なコミュニケーションをとりながら、ベストの治療を提供できるように心がけています。
診療科長 : 東條 有伸
診療科長 : 東條 有伸
診療分野
血液内科
ページトップへ
対象疾患
急性白血病、慢性白血病、成人T細胞白血病、骨髄増殖症候群、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、その他造血器腫瘍全般、再生不良性貧血、溶血性貧血、その他貧血全般、特発性血小板減少性紫斑病、その他自己免疫性血液疾患
ページトップへ
専門・特殊診療、
得意分野
白血病などの難治性血液疾患に対する同種造血幹細胞移植治療、特に臍帯血移植治療
造血器腫瘍に対する分子標的治療
成人T細胞白血病、成人ランゲルハンス細胞組織球症など稀少疾患の診療
移植後の生着・免疫回復の精細なモニタリングによる患者フォローアップ
白血病の分子遺伝学的診断と治療後微少残存病変の高感度測定による患者フォローアップ
ページトップへ
外来担当表
曜日
AM/PM AM PM AM PM AM PM AM PM AM PM
担当医師 東條

高橋

内丸*
高橋*

小沼*
小林 高橋*

内丸*

安井*
東條

今井

川俣
-
二見
高橋*
高橋 高橋*

加藤*

*=完全予約制

ページトップへ
スタッフ紹介
氏名 役職 専門領域
東條 有伸 教授(分子療法分野) 急性白血病、骨髄増殖症候群、骨髄異形成症候群
白血病発症機構の解析、標的療法・細胞療法の開発

高橋 聡

准教授(分子療法分野) 造血細胞移植、
細胞療法および免疫・遺伝子治療の開発
内丸 薫 教授(連携教員) 臨床血液学、HTLV-1感染症、成人T細胞白血病リンパ腫(ATL)
大野 伸広 病院講師(病院)

臨床血液学

小林 誠一郎 助教(分子療法分野) 臨床血液学、HTLV-1感染症
加藤 せい子 助教(病院) 造血細胞移植、臍帯血移植
二見 宗孔 助教(分子療法分野) 多発性骨髄腫、癌ウイルス療法
小沼 貴晶 助教(病院) 造血細胞移植、臍帯血移植
川俣 豊隆 助教(病院) 臨床血液学、急性白血病、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫、抗がん化学療法
福山 朋房 助教(細胞療法分野) 臨床血液学、造血器腫瘍の発症メカニズムの解析

 

ページトップへ
当科の診療実績

2013年度までに累計695例の同種・自家造血幹細胞移植を施行していきました。この間、遺伝子組換え型ヒト顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)の臨床開発に貢献しています。
また、公的骨髄バンクの設立時には中心的な役割を担い、1992年設立以来約92件の非血縁者間骨髄移植と約131件の非血縁者骨髄採取を担当してきました。
さらに、1997年臍帯血バンク設立後は特に成人に対する非血縁者間臍帯血移植を積極的に推進し、移植件数は1998年の第1例以来現在まで累計271例に達し、単一施設としては世界でも有数の移植件数と最高水準の治療成績を有しています。
いっぽう、造血器腫瘍の化学療法についてはJALSG(日本成人白血病研究グループ)の所属メンバーとして、大規模臨床試験を通して各種造血器腫瘍の治療成績の向上に取り組んでいます。
近年、イマチニブやリツキシマブに代表される分子標的治療薬の導入によってフィラデルフィア染色体陽性(Ph)白血病やB細胞性リンパ腫の予後が改善されていますが、さらなる向上のために新規分子標的薬の臨床試験にも積極的に加担しています。
また、HTLV-1ウイルス感染症への対応、成人T細胞白血病の診療にも力を入れています。HTLV-1キャリア専門外来では年間200名程度の受診者があり、全国でも有数のHTLV-1キャリア対応施設として機能しています。また、成人T細胞白血病は造血細胞移植を含む積極的な治療方針をとり、年間10数名程度の患者さんの治療に当たっております。

ページトップへ
リンク

血液腫瘍内科・分子療法分野HP
http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/hematology/index.html

ページトップへ
外来を受診される方へ
診療受付について
診療科のご案内
専門外来のご案内
初診(はじめて)の方
再診の方
検査予約の方
保険証・紹介状について
検査について
入院される方へ
入院時のご案内
入院生活について
病室について
入院費用について
健康診断を受診される方へ
一般健康診断
中国渡航者向け健康診断


お見舞いの方へ
平日(13時〜17時)のお見舞い
夜間(17時〜20時)/
休日のお見舞い

病院の紹介・沿革
院長ご挨拶
医療方針・理念
病院の概要
病院の沿革
病院広報誌
交通のご案内
電車 白金台
バス 目黒から
バス 広尾から
バス 品川から
お車
MAP
院内マップ
構内の案内図
臨床試験について

先端医療の情報

ご相談窓口

よくあるご質問

看護部について
募集について
看護師募集
後期研修医募集


医療機関のみなさまへ