東京大学医科学研究所附属病院

アレルギー免疫科

診療科長 田中廣壽診療科長 田中廣壽

アレルギー免疫科では、関節リウマチや膠原病などの免疫の異常がかかわる疾患をお持ちの患者さんを対象に、外来・入院診療を行っております。当科には4名のリウマチ専門医(うち3名は指導医)が在籍し、日本リウマチ学会教育認定施設として次世代を担う若手医師らとともに、スタンダードな診療から先端的治療までさまざまなニーズに応じた質の高い医療を提供しております。生物学的製剤などの新しい治療も積極的に導入し、患者さんが1日でも早く回復出来るよう努めております。また、私どもはトップレベルの生命科学研究所の一部門として、病気のしくみの解明と、先端治療開発の基礎研究にも取り組んでいます。それらの研究成果はさらに橋渡し研究(トランスレーショナルリサーチ:TR)へと発展させており、私どもはより良い医療創成のために日々邁進しております。

診療分野

膠原病科、リウマチ科

対象疾患

関節リウマチ
悪性関節リウマチ
全身性エリテマトーデス
全身性強皮症 (強皮症、全身性硬化症)
限局性強皮症
多発性筋炎・皮膚筋炎
シェーグレン症候群
混合性結合組織病
血管炎症候群
多発動脈炎・血管炎
大動脈炎症候群
高安動脈炎
側頭動脈炎
巨細胞動脈炎
結節性多発動脈炎
ANCA関連血管炎
顕微鏡的多発血管炎
好酸球性多発血管炎性肉芽腫症
アレルギー性肉芽腫性血管炎 (チャーグ・ストラウス症候群)
多発血管炎性肉芽腫症 (ウェゲナー肉芽腫症)
レイノー病
ベーチェット病
リウマチ性多発筋痛症
成人発症スティル病
抗リン脂質抗体症候群
血清反応陰性関節炎
ライター症候群
強直性脊椎炎
乾癬性関節炎
掌蹠膿疱症性骨関節炎
SAPHO症候群
RS3PE症候群
サルコイドーシス
回帰性リウマチ
好酸球性筋膜炎
骨粗鬆症
変形性関節症
痛風
偽痛風
IgG4関連疾患
後腹膜線維症
自己炎症性疾患
ステロイド筋症
ステロイド骨粗鬆症
ステロイド糖尿病
原因不明の発熱(不明熱)
原因不明の関節痛・筋痛
原因不明の体重減少
など

*上記には同一疾患の 別称も併記しています

外来担当医表

こちらの外来担当医表をご覧ください。

スタッフ

田中 廣壽 (たなか ひろとし)

医師・教授(併任)・科長

専門領域

リウマチ・膠原病

認定医・専門医等

日本内科学会指導医・認定内科医、日本リウマチ学会専門医・指導医、日本内分泌学会認定医、日本ステロイドホルモン学会理事、日本筋学会理事

山本 元久 (やまもと もとひさ)

医師・特任准教授

専門領域

リウマチ・膠原病・IgG4関連疾患

認定医・専門医等

日本内科学会総合内科専門医、日本リウマチ学会専門医・指導医、日本アレルギー学会専門医(内科)、日本臨床免疫学会免疫療法認定医、日本リウマチ財団登録医

吉川 賢忠 (よしかわ のりただ)

医師・講師

専門領域

リウマチ・膠原病

認定医・専門医等

日本内科学会認定内科医・指導医、日本リウマチ学会専門医・指導医、認定産業医

山崎 広貴 (やまざき ひろき)

医師・助教

専門領域

リウマチ・膠原病、糖尿病・代謝

認定医・専門医等

日本内科学会総合内科専門医、日本糖尿病学会専門医

上原 昌晃 (うえはら まさあき)

医師・特任研究員

専門領域

リウマチ・膠原病

診療方針

アレルギー免疫科では、リウマチケア看護師、関節外科医師、理学療法士、薬剤師、管理栄養士、ソーシャルワーカーらとも密接に連携し、高い倫理性のもとに常に患者様方の目線に立って診療を行っております。また、皆様方個々の病態に最適な治療を有効性や安全性に配慮してご提供するよう努めております。セカンドオピニオンや医療相談にも対応しておりますので、是非お気軽にご相談頂ければと存じます。

リンク