東京大学医科学研究所附属病院

感染制御部

感染制御部では各診療科や看護部との連携により、院内で伝播する可能性のある病原性微生物に対する感染対策を行っています。微生物検査室の病原微生物検出情報のもとに速やかに感染伝播防止対策を行い、薬剤部と協力し抗菌剤使用状況を把握・管理し多剤耐性菌の発生を防ぐ感染対策を実行しています。
病院感染対策は、患者さんが安心して治療を受けられるために重要です。感染制御部は、医師・看護師・薬剤師・検査技師・事務の多職種で構成されるICT(インフェクション・コントロール・チームと連携し、患者様が適切かつ安心して医療を受けられるように日々努めています。

特徴のある業務内容

スタッフ

四柳 宏

副病院長、医療安全・感染制御センター長、感染症分野教授、感染免疫内科教授、総合診療科教授、感染制御部部長

専門領域

感染症内科学、消化器内科学

認定医・専門医等

日本内科学会総合内科専門医・認定内科医、日本感染症学会専門医、インフェクションコントロールドクター(ICD)、日本消化器病学会専門医、日本肝臓学会専門医

安達 英輔

感染制御部副部長、助教

専門領域

感染症内科学、渡航外来

認定医・専門医等

日本内科学会総合内科専門医・指導医、感染症専門医、臨床薬理指導医、抗菌化学療法指導医、インフェクションコントロールドクター(ICD)、日本エイズ学会指導医

小粥 美香

感染管理者(兼)看護師長

芝江 樹世美

事務補佐員