東京大学医科学研究所附属病院

感染免疫内科

診療科長 安達英輔診療科長 安達英輔

感染免疫内科は、HIV感染症とその関連疾患の診断と治療、新型コロナウイルス等の新興感染症、海外渡航後の発熱、性感染症が疑われる方への対応、ウイルス肝炎の診療などを得意としており、他診療科に入院され、その他の感染症の症状を発症した場合も、当科の医師が入院診療科の主治医と相談し、診療にあたります。また、海外渡航時の感染症相談や予防接種(A型肝炎、B型肝炎、狂犬病、破傷風、肺炎球菌等)やマラリア予防薬の処方を行っております。

HIV感染症は、当科がこの病気の診療が日本で始まった当初から取り組んでいる疾患です。この疾患は感染した人間の免疫状態を正確に把握することが重要であり、当診療科の名前の由来となっています。すでに診断されている方だけでなく、感染が疑われている方や、AIDS等の合併症の治療も積極的に受け入れております。

感染症は患者様の人生そのものと関係するものであるため、プライバシーを守るために、外来診察室は扉のある個室となっています。HIVと共に生きる人(People living with HIV (PLWH, PWH)が、適切な抗HIV療法(ART, cART)を受けることにより、お一人お一人の人生を感染する前と同じように過ごせるようにサポートすることを心がけています。受診を検討されている患者様ならびに紹介先としてご検討いただいている医療機関様におかれましては、ご心配なさらずに相談していただければ幸いです。

緊急対応が必要なこともあるマラリア等の外国で流行する感染症や、配慮が必要な性感染症(STI,STD) 等に関しても積極的に受け入れています。HIV感染症の相談と同様、十分に個人のプライバシーに配慮しつつ閑静な環境で経験豊かなスタッフが誠心誠意対応させて頂きます。まずは地域医療連携室などにご相談いただければ幸いです。

診療分野

感染症内科

対象疾患

HIV感染症、AIDS、新型コロナウイルス感染症等の新興感染症、肝炎、肺炎、インフルエンザ、結核、梅毒、淋菌感染症、クラミジア感染症、感染性胃腸炎、赤痢、腸チフス、マラリア、デング熱、その他の感染症全般、不明熱

専門・特殊診療、得意分野

HIV感染症(最新の知見に基づいた抗HIV療法(ART, cART)を行います)
新興感染症 (東京都や近隣の施設と連携し対応します)
輸入感染症(国内で市販されていない薬剤を必要とする治療にも対応します)
日和見感染症の診断、治療
渡航外来 (出張や赴任、旅行、留学等で海外に渡航される方を対象にワクチン接種や海外で注意すべき感染症に対する情報提供などを行なっております。詳しくは渡航外来のページをご覧ください。)
http://www.h.ims.u-tokyo.ac.jp/gairai/depts-to.html
感染症予防相談(ご家族に免疫が弱い方がいる場合や、LGBTの方も含めた性感染症について、ワクチンなどの適切な予防方法をご提案させていただきます。詳しくは以下を御覧ください。)
https://www.idimsut.jp/didai/yobo.html

外来担当医表

こちらの外来担当医表をご覧ください。

スタッフ

四柳 宏 (よつやなぎ ひろし)

教授、病院長

専門領域

感染症内科、肝臓内科

認定医・専門医等

日本内科学会総合内科専門医・指導医、日本感染症学会評議員・指導医・専門医日本肝臓学会評議員・指導医・専門医、日本消化器病学会評議員・指導医・専門医、日本医師会認定産業医 、インフェクションコントロールドクター(ICD)

古賀 道子 (こが みちこ)

特任講師(兼任)

専門領域

感染症内科、ウイルス学

認定医・専門医等

日本内科学会総合内科専門医・指導医、日本感染症学会専門医・指導医、インフェクションコントロールドクター(ICD)、日本医師会認定産業医、日本エイズ学会指導医

安達 英輔 (あだち えいすけ)

診療科長、講師、感染制御部部長

専門領域

感染症内科、渡航外来

認定医・専門医等

日本内科学会総合内科専門医・指導医、感染症専門医・指導医、臨床薬理専門医、抗菌化学療法指導医、インフェクションコントロールドクター(ICD)、日本エイズ学会指導医

齋藤 真 (さいとう まこと)

助教(兼任)

専門領域

臨床感染症、熱帯感染症、旅行者感染症、渡航医学

認定医・専門医等

日本内科学会認定内科医・指導医、日本感染症学会専門医、ICD、日本渡航医学会認定医療職、英国王立内科学会熱帯医学専門医(DTMH)、米国熱帯医学学会熱帯医学・渡航医学専門資格(CTropMed)

池内 和彦 (いけうち かずひこ)

助教

専門領域

感染症内科

認定医・専門医等

日本内科学会認定内科医、日本感染症学会専門医、日本エイズ学会認定医、日本医師会認定産業医 、インフェクションコントロールドクター(ICD)

大谷 天人 (おおたに あまと)

診療担当医

専門領域

感染症内科

認定医・専門医等

内科専門医

小田原 隆 (おだわら たかし)

非常勤講師(木曜午前)

専門領域

感染症内科

認定医・専門医等

日本内科学会総合内科専門医、日本感染症学会評議員

菊地 正 (きくち ただし)

非常勤講師(月曜午後)

専門領域

感染症内科

認定医・専門医等

日本感染症学会専門医、日本内科学会総合内科専門医、日本エイズ学会認定指導医、国際渡航医学会認定(CTH)

田中 貴大 (たなか たかひろ)

臨床心理士 公認心理師 (水曜午後)

専門領域

カウンセリング 心理療法 認知機能検査

堤 武也 (つつみ たけや)

非常勤医師(東京大学医学部附属病院感染制御部教授)(最終週水曜午後)

専門領域

感染症内科、肝臓内科

認定医・専門医等

日本内科学会総合内科専門医・指導医、日本肝臓学会専門医・東部会評議員、日本消化器病学会専門医、日本医師会認定産業医、インフェクションコントロールドクター(ICD)

当科の診療実績

HIV感染者・AIDS患者さんの診療に関しては、日本国内で最も古くから手がけてきた施設であり、チーム医療の体制を整備してきました。外来には専門のコーディネーターナースを配置して、患者さんのカウンセリングや生活指導に当たっているほか、抗ウイルス薬の服薬指導を専門にしている専任薬剤師も配置し、医師達と緊密な連携をとりながら診療に当たっています。また、病院専属の社会福祉士も当科スタッフと連携して、社会福祉制度の利用をはじめとした生活支援を行っています。

輸入感染症に関しては国内で市販されていない薬剤を必要とする治療にも対応し、他の医療機関からの相談に応じたりしています。当科のホームページを通じて、海外へ旅行される方や帰国した方々への感染症相談も行っています。

リンク